「あー笑い」より「えー笑い」を心がける

EC016_L

「笑い」は、「泣き」とともに、気分のリセットに有効です。笑うことは、
筋肉の緊張をときほぐし、血行をよくし、免疫力をアップし、健康的なお肌づくりにもひと役、買うのです。

ところで、あなたの笑い方は、どんな笑い方?

テレビのバラエティ番組を見ていると、発見があります。お客さんが若い女の子ばっかりだと、笑い声は、

「ええーっ!(尻上がり)」という、「驚き笑い」が目立ちますが、おばさんが多いと、
「ああー……!(尻つぼみ)」という、「納得笑い」で、いつぱいになります。

人は経験値が上がると、過去の引き出しを開けて、納得することが多くなります。引き出しの数が多いのは、頼もしい限りですが、出会った人とのデート中に、連発する「あ-」笑いは、恋愛気分を果てしなく萎えさせますので、日ごろから、モテおねえさまとして正しい笑い方の、クセをつけておいてください



【悪い例】

「オレの友達、コース料理食べに行ってさ、コーヒーと紅茶、どちらになさいますかって聞かれて、「両方」って言ったんだぜ!」

「ああー……!(笑)」

きゅうに黙り込む、彼。

「そろそろ、出よっか」



【良い例】

「オレの友達、コース料理食べに行ってさ、コーヒーと紅茶、どちらになさいますかって聞かれて、『両方」って言ったんだぜ!」

「えーっ!(笑)」

嬉しそうに身を乗り出す、彼。

「でさ、そいつバカだから、紅茶選んだあとも、レモンとミルク、どちらになさいますかって聞かれて、また「両方ください」って言ったんだよ」

「ええー!(笑)」

「信じらんないよね-、それで、オレがさ」

会話を弾ませる「あ-笑い」より、「え-笑い」。心がけましょう。


出典元:

Posted in 出会い