判定するんじゃなくて、理解しなくちゃならない

EC166_L

EC166_L

で「相手の意見を、判定するんじゃなくて、理解しなくちゃならない。つまり、忙しい一日が終わったら心を落ち着かせ、
さほど忙しくない彼女の一日も同じくらい大切なんだと認識する、という意味だ。実際、ポーリーンと僕はいろんな面で全然ちがうからね」

彼女は、まったく単独で活動するのを生きがいとする画家だ。スミスのほうはどこへ行ってもつねに人に囲まれ、
一年のうち七カ月も旅に出て、それもしばしば遠い異国ですごしている。
私が彼からもらった最近の葉書には、ベトナムの消印があった。「この距離が、夫婦関係を保つうえで役に立っていると思う。
男も女も自分らしさを十分に発揮できるからね。お互いに自由を与え合えば、その中で自己表現ができるようになる、
つまり劇的にふるまう、戯(たわむ) れる、仕事をするといった、人間が創造力豊かでいるために必要なことすべてが可能になるんだ」

すべて完ぺきなのに、正式に結婚しなくてはならないと思ったことがないのはなぜか、と私はスミスに訊ねた。
一緒に暮らして三三年になるが、「そういった話はしたことがない。ポーリーンと僕が一度もそれについて話し合ったことがないのは、結婚したからといって何も変わらないだろうと思っているからだ。これ以上よくなることはありえないし、精神的には、いまより悪くならないともかぎらないじゃないか」と彼はいう。

そこまでお互いを理解し合える人に私も結婚相談所 大阪 で出会いたいですね。

スミスの両親は結婚し、小さな土地に家を建て、そこで六○年間も一緒に暮らした。確固たる夫婦関係を築いた両親の例や、
彼自身の体験をとおして、長期的な関係を保つには、かつて自分がいた場所や、これから向かう場所についてぐずぐず考えるのではなく、
「いま」に全力を注ぐことが大切だ、という単純明快な知恵を彼は身につけている。

Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

ロンドンに、魅惑的で型破りな男がいる

EC029_L

EC029_L

ロンドンに、魅惑的で型破りな男がいる。ポール・スミス。ネオンのような輝きと、非伝統的な柄と、
だぶっとしたおじいちゃん風の輪郭で、メンズウェアの方向性をいとも簡単に変えたファッション・デ
ザイナーだ。二○年以上も業界にいながら、いまなおファッションを改造し続け、現在では女物も扱う
ようになったスミスの、レトロでありながら未来的な考え方をいいあてているのは、「変化にすごく興
味がある」という彼の言葉だ。それでいて、夫姉関係のこととなると、彼は変化にまったく興味がない。

一九六七年以来、スミスはずっと同じパートナー、ポーリーンと一緒に暮らしている。彼女が生んだふ
たりの息子が赤ちゃんのころから、スミスは子育てを手伝った。彼らは結婚の誓約によって正式に定め
られた夫婦ではないが、長年の愛情によって結ばれているふたりは、「パートナーといくらか距離をお
いても平気」なのだ、と彼はいう。ポール・スミス・ブティックを世界中に展開しているスミスにとっ
ての距離とは、ヨーロッパや日本にある代理店を朧僻するために、一年のほとんどを英国から離れてす
ごす、という意味だ。

ここ結婚相談所 比較 で出会った人ともそういう関係を築きたいですね。

「夫婦関係のバランスとは、「君も勝ち、僕も勝ち」的な態度を示すことだと思っている」とスミス。


Posted in 結婚 | コメントは受け付けていません。

「あー笑い」より「えー笑い」を心がける

EC016_L

EC016_L

コミカルな映画や、テレビのお笑い番組、ギャグマンガ。笑えるものなら、なんだっていいんです。おおいに利用しましょう。
「笑い」は、「泣き」とともに、気分のリセットに有効です。笑うことは、
筋肉の緊張をときほぐし、血行をよくし、免疫力をアップし、健康的なお肌づくりにもひと役、買うのです。

ところで、あなたの笑い方は、どんな笑い方?

テレビのバラエティ番組を見ていると、発見があります。お客さんが若い女の子ばっかりだと、笑い声は、

「ええーっ!(尻上がり)」という、「驚き笑い」が目立ちますが、おばさんが多いと、
「ああー……!(尻つぼみ)」という、「納得笑い」で、いつぱいになります。

人は経験値が上がると、過去の引き出しを開けて、納得することが多くなります。引き出しの数が多いのは、頼もしい限りですが、ここサクラのいない出会い系 で出会った人とのデート中に、連発する「あ-」笑いは、恋愛気分を果てしなく萎えさせますので、日ごろから、モテおねえさまとして正しい笑い方の、クセをつけておいてください



【悪い例】

「オレの友達、コース料理食べに行ってさ、コーヒーと紅茶、どちらになさいますかって聞かれて、「両方」って言ったんだぜ!」

「ああー……!(笑)」

きゅうに黙り込む、彼。

「そろそろ、出よっか」



【良い例】

「オレの友達、コース料理食べに行ってさ、コーヒーと紅茶、どちらになさいますかって聞かれて、『両方」って言ったんだぜ!」

「えーっ!(笑)」

嬉しそうに身を乗り出す、彼。

「でさ、そいつバカだから、紅茶選んだあとも、レモンとミルク、どちらになさいますかって聞かれて、また「両方ください」って言ったんだよ」

「ええー!(笑)」

「信じらんないよね-、それで、オレがさ」

会話を弾ませる「あ-笑い」より、「え-笑い」。心がけましょう。

Posted in 出会い | コメントは受け付けていません。

知的悪口で、あなたをセンスアップ

EC028_L

EC028_L

人の悪口を言うような女は、最低だ。

そういう男性は、少なくありません。
そんな人は、自分が悪口を言われるのを、おそれているのです。
そういう人に限って、陰でこっそり浮気していたり、仕事をなまけていたりするから、要注意です。

特に年下男子は、おねえさまがたの経験値に、戦々恐々としていますので、おねえさまがふとしたはずみで放つ、他人の悪口を、脅威に感じています。
しかし、女性は、悪口が大好きときています。悪口で、自分の審美眼を鍛えているふしもあります。私は、悪口ほど、楽しいものはないと考えています。
罪のない悪口は、愉快なリラクゼーション方法です。罪のない悪口とは、どんなものでしょうか。まず、陰口は、いやな悪口です。
陰口をたたく人は、口がゆがむと言います。
罪がないのは、身近な人を標的にしない、タレント、芸能人をヤリ玉にあげる、言いっぱなしの悪口です
(この場合、インターネットに「上げない」ことが条件です)。

仲のいいお友だちやここで出会い系アプリ 出会った人と、ワイワイ楽しく、悪口を言い合うのです。
そもそも芸能人は、大衆に悪口を言ってもらい、みんなをスッキリさせる役割も、担っているのです。
テレビに重宝される芸能人は、好感度が高い人か、見るからにムヵつく人かのどちらかです。
あいまいでわかりにくい人は、お呼びがかかりません。
見るからに頭が悪そうで、失礼な発言の連続。

そんなヒール役を、わかっていながらわざと演じている人もいますし、
自分はよくお呼びがかかるから、人気があるんだと、カン違いしたまま、出ている人もいます。
私の母方の親戚は、毎年、暮れに集まり、「紅白歌合戦」をみんなで観ながら、
出てくる歌手、出てくる歌手の衣装をファッション・チェックし、悪口を言い合っています。
おじいちゃん、おばあちゃんなど、意見が過激で、もう、大爆笑です。
暮れになると、たまに福岡に帰って、あの悪口合戦を聞きたくなります。
悪口の達人たちは、もうすぐ90歳になります。

Posted in 出会い | コメントは受け付けていません。

泣ける映画でストレス発散

EC169_L

EC169_L

「泣ける」映画で、積極的に涙を流そう
「泣ける」と、銘打たれた映画や小説は、よく売れます。
洋画を日本で上映するとき、タイトルに「哀しみ」とつけるだけで、ヒットするというジンクスがあるくらい、日本人は泣きたい願望が強いのです。
「愛と哀しみの果て』というタイトルで大ヒットした、1985年の有名なアメリカ映画の原作は『OutOfAfrica』、「アフリカより」というタイトルです。
哀しみとは無関係な原題も、日本人は勝手に哀しくしてしまいます。

1981年のフランス映画に「愛と哀しみのボレロ」というのがありましたが、
これも原題は「leSunSetleSautres」、「すべての(人たち)」というタイトルでした。
日本人がこんなに泣きたがるのは、日ごろ、まじめに働いているからじやないかと思います。
日本は世界でも有数の、労働大国。
それだけストレスも大きいわけです。

一方で、そんな風潮を、鼻で笑う人も。

あたしは、おとなの女。
子どもだましなものになんか、ひっかからないわよ・だいたい、あざといのよ・泣かそう、泣かそうとするストーリーなんか。
よっぽどうまくできてたら、泣いてあげてもいいけどね。

そういうシニカルな女性も、魅力的ですが、陰で大酒飲みだったり、酒癖が悪かったりする場合、からだのことが心配になってしまいます。
快適に過ごしているつもりでも、人はみな、なにかしらのストレスにさらされて生きています。
はやくここでを見つけないと…

どのみち、リフレッシュが必要なら、無茶なお酒で潰れるより、ひとりの部屋で、泣ける映画や音楽、小説に触れ、涙を開放してあげましょう。
「泣ける」ストーリィの作り手を、優秀な整体師だと思えばよいのです。彼らのリラクゼーションに、身をまかせることは、からだにもおサィフにも、
やさしいリセット術なのです。

Posted in 出会い | コメントは受け付けていません。